.

いよいよ投資すると時という段階では、第一に事前準備を怠ってはならない。トレードを始める前であったならば物事を論理的に見ることが出来ます。だがしかし、売買の内側に入ってしまうと見え方が自分勝手なものになってしまい、重要な時に正しい判断を下せなくなるリスクがあります。その分自分の論理的な段階で、正しく準備を進めておくことが大切なのだ。”準備”のためには、まずは自分だけの台本を書くことから行います。投資状況は下がる(または上がる)からNZドルを勝負するみたいな台本を書いていきます。次に大事なのは相場を見ましょう。これまでのマーケットの上下を見つめて現時点の値動きをチェックします。そうすると、「現時点では結構行き過ぎた段階である」など、もしくは「今となっては多数の勝負している、この先急にエントリーしてももう遅いな」などと分かってきます。当然、すでに売り(または買い)するが遅すぎるなと思ったら、エントリーしないで、それはすっぱりと割り切ることが必要です。どうあがいてもあなたなりの物語を引き下げないで割り切らずに売買すると相場に跳ね返されてしまい、逆に損することになる危険があります。とは言うものの大体の場合、用意周到に自身の台本を描いていると、売り(または買い)がなすすべがないというケースにはなりません。たぶん、リアルに市場が動意づく前の状況のはずだからです。次に、まずは自分がとろうと決めている通貨の推移を、きちっとチェックすることが必要です。仮に円安になると予想するシナリオを描いたのであれば、該当する外貨の上げ下げに注目する事が大切です。為替相場の上げ下げを注目し始めた段階では、ドル円は誰の眼にも明らかに上下動する素振りを見せないで上下に多少の動きを繰り返しているだけだろう。だが、その上下動をじっくりと見ていると、ある状況でゆっくりと、円安の方向へと市場が変動し始めます。このタイミングでいよいよ、ドル円の新規注文を出すのだ。一般的に、ここまで慎重に事前準備を進めておけばその取引で勝利する可能性は相当高くなります。

Copyright (c) 2000 www.forrodacoelhinha.com All Rights Reserved.