.

外為取引の経験の浅い方がマーケットの要を理解するには、まず初めに取引経験を積む事が大事です。未然にピンチを予期するようになるようになるには失敗を積み重ねることも大事です。ただし、失敗するといっても命取りとなるほど決定的な過ちをする事は許されません。やり直しが効く過ちを数回実績を積む事が、結果として自らの場数を増やす事が出来ます。こう考えると初めは少ない額で取引を行い、そこで何回か小さめの失敗をすることが重要です。仮に、100万円だけしか資金がない人が深く考えずに100万円を少しも残さないで投入して売買すると、失敗した時、二度と取り返せない可能性があります。それならば、仮に資金の10%ずつ分けてトレードを行ない、そこで売ったり買ったりを体験した方が段々と失敗を回避する術なども習得するはずです。まず最初にわずかな額でエントリーする事の利点は、既出の通り、自分自身の経験値を高めミスを減らす術を覚える事にありますが、売り買いの回数を繰り返す事で、危険性を小さくできるというメリットもある。想定として、1度だけの売買で勝率が5割だとしよう。この条件では、同じく二分の一の確率でマイナスになる危険性もあります。勝率5割ということは。五分五分の率で勝てることを意味している。ところが、全部の資金を投じて1回だけのエントリーをするということは、勝ちか、負けのいずれかになってしまう。それではただのギャンブルと同じです。要するに、全ての資金を投入して1度しか売買しないとこれでは大損する比率が高まります。そのため、資金を1回に全部賭けるのではなくいくつかに分けて機会を積む事が危険性を減らす事になります。ただ何度かに分けたとしても、すべてに稼ぐ事は不可欠ではありません。と言うよりは、全て勝つことは出来ないのが現実です。トレードで肝心なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれほど儲けるかである。勝半5割でも、仮に5割以下でも儲かる時は儲かります。それ以上負けても損失が少額ならば、少ない勝ちの利益の大きさで十分儲ける事が出来ます。そのためには、損を少なくして、儲けを大きくして忘れない事です。損益が出たら直ちに損失を確定してそれとは逆に勝った状況では上手に利益を上げることが外為取引の経験の浅い方が外国為替証拠金取引で勝つための神髄です。

Copyright (c) 2000 www.forrodacoelhinha.com All Rights Reserved.