.

一般的なビギナー向けの外為の本では、「差損が生じた状況ではナンピンすることで、ポジションの価格を下げることができる」とアドバイスしていますが、現実的にはそれは落とし穴が待ち受けています。市原高一

まずは、ナンピンの方法に関してごく簡単に述べます。エルシーノ

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。にぎやかな脱毛器

ドル買いですから円安になるほど利益が出ますが思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高・ドル安に推移したとします。ロコシャイン

その状態でポジションを保持し続けたらマイナスをなくすためには、マイナス分ドル高に動く必要があります。かに本舗 評判

誰でも、赤字は早めに0にしたいと願うでしょう。ヒメカノ 無料

それを解決するため最初にエントリーしたのと同じ額のドルを、95円で売買します。肩の痛み サプリ

それで、平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。ハイジニーナ脱毛とは

すなわち、2円50銭の幅でドル高に進めば損を回復できます。会社(仕事)を辞める時期(タイミング)はいつが良いのか?

こういったことがナンピンの手法です。背中ニキビ 原因 シャンプー

こういうふうに、ナンピン買いのやり方をみると、「その通り」という気分になるが市場はそう簡単に思った通りにはなりません。

元々、1ドル95円が下値だということなど誰一人として分かるわけがありません。

市場がかなり強い円高地合だとすれば、1ドル=95円ではとまらず、よりドル安に進むリスクが高くなります。

一例として、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル95円まで円高になっとしたならばナンピン買いを入れたポジションも差損が生まれることになってしまいます。

そういう状態では一番初めに売買したドルと同時に、二重の為替差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは難解です。

ならば、為替相場が自らのストーリー展開とは逆にすぐに進む場合どんな対応で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

そこで取れる道は限られています。

まずはじめは潔く損切りをすること。

もうひとりは、今現在、自分か保持している買いポジションを縮小することによってもう一回市場が元のようになるのを何もしないで待つことだ。

かなり控えめな方法だと思う方もいるかもしれません。

だが、自分のポジションに差損が生まれた時、最も正しいやり方はこの他にはないです。

なるほど、机上ではナンピン買いするという手段も有効です。

けれどもナンピンはマイナスになっているのに、買いポジションを小さくするどころか逆にポジションを増やしていく対策です。

この手段では、危険を避けることなど、できないと考えるべきです。

ナンピン買いを続ける事ができれば最終的には勝てるかもしれません。

だがしかし、そうなる先に資金がマイナスになってしまいます。

Copyright (c) 2000 www.forrodacoelhinha.com All Rights Reserved.